コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

類型論 るいけいろん

2件 の用語解説(類型論の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

るいけいろん【類型論】

個々の事象からいくつかの類似点を抽出し、典型的な類型をもって代表・記述することにより、それらの事象群の本質や構造を考察しようとする学問的方法論。特に心理学・文化人類学・言語学・生物学などにみられる。類型学。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

類型論【るいけいろん】

類型(タイプ)に基づく分類記述をこととする学問の称で,英語typologyなどの訳。片仮名タイポロジーとも。個々の存在あるいは現象の間に類型を設定することによって本質を理解しようとするもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

類型論の関連情報