コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

類型論 るいけいろん

2件 の用語解説(類型論の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

るいけいろん【類型論】

個々の事象からいくつかの類似点を抽出し、典型的な類型をもって代表・記述することにより、それらの事象群の本質や構造を考察しようとする学問的方法論。特に心理学・文化人類学・言語学・生物学などにみられる。類型学。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

類型論【るいけいろん】

類型(タイプ)に基づく分類記述をこととする学問の称で,英語typologyなどの訳。片仮名タイポロジーとも。個々の存在あるいは現象の間に類型を設定することによって本質を理解しようとするもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

類型論の関連キーワードタイプタイプフェース自然分類派生社会抱合語基づくKタイプキース‐ワゲナー‐バーカー分類(農業経営基盤強化促進法に基づく)利用権言語類型論

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

類型論の関連情報