コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顧【がい】之 こがいし

1件 の用語解説(顧【がい】之の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

顧【がい】之【こがいし】

中国,東晋の文人画家。字は長康。江蘇の人。364年建康の瓦官寺の壁に維摩(ゆいま)像を描き,405年に文学の才を認められて散騎常侍に任命された。奇行,逸話が多く〈痴絶〉といわれ,〈画絶〉〈文絶〉とともに〈顧【がい】之の三絶〉と評された。
→関連項目勧戒画小林古径人物画陸探微六朝文化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

顧【がい】之の関連キーワード沈小霞沈士充唐寅藤九鸞大谷正義胡公寿王原祁劉義慶王徽之王紱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone