コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顧【がい】之 こがいし

百科事典マイペディアの解説

顧【がい】之【こがいし】

中国,東晋の文人画家。字は長康。江蘇の人。364年建康の瓦官寺の壁に維摩(ゆいま)像を描き,405年に文学の才を認められて散騎常侍に任命された。奇行,逸話が多く〈痴絶〉といわれ,〈画絶〉〈文絶〉とともに〈顧【がい】之の三絶〉と評された。
→関連項目勧戒画小林古径人物画陸探微六朝文化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

顧【がい】之の関連キーワード張僧【よう】山水画

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android