コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顰/嚬 ヒン

デジタル大辞泉の解説

ひん【×顰/×嚬】

顔をしかめること。まゆをひそめること。ひそみ。

ひん【顰】[漢字項目]

[音]ヒン(漢) [訓]しかめる ひそめる
顔をしかめる。眉をひそめる。「顰蹙(ひんしゅく)一顰一笑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しかみ【顰】

〔動詞「顰む」の連用形から〕
日本建築で、木鼻などのえぐれた部分。
能面の一。口を開き、牙きばを表した恐ろしい形相の能面。悪鬼・妖怪などに用いる。
模様・細工物などで、顔をしかめた鬼や獅子の面。

ひん【顰】

ひそみ。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の顰/嚬の言及

【能面】より

…(2)は口を開いた阿(あ)形と,閉じた吽(うん)形に分けることができ,前者には飛出(とびで)の,後者には癋見(べしみ)の諸面があり,年たけて威力のある悪尉の諸種もここに入れてよいであろう。ほかに阿形では天神,黒髭(くろひげ),顰(しかみ),獅子口など,吽形では熊坂(くまさか)がある。能面の鬼類では女性に属する蛇や般若,橋姫,山姥(やまんば)などのあることが特筆される。…

※「顰/嚬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

顰/嚬の関連キーワード倣う・傚う・慣らう西施の顰みに倣う眉をしかめる安倍首相退陣顰みに倣う眉を集める異彩を放つ顰み・嚬みベルレーヌ談じ付けるじくねる服部芝山市野迷庵しぐらむ唇を翻す顰に倣う心有る顰め面細工物顰み面

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android