風が吹けば桶屋が儲かる(読み)カゼガフケバオケヤガモウカル

  • 風(かぜ)が吹けば桶屋(おけや)が儲(もう)かる

デジタル大辞泉の解説

意外なところ影響が出ること、また、あてにならない期待をすることのたとえ。が吹くと土ぼこりがたって目に入り盲人が増える。盲人は三味線生計を立てようとするから、三味線のを張る猫の皮の需要が増える。猫が減るとねずみが増え、ねずみがをかじるから桶屋がもうかって喜ぶということ。大風が吹けば桶屋が喜ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

何か事が起こると、めぐりめぐって意外なところに影響が及ぶことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風が吹けば桶屋が儲かるの関連情報