コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桶屋 オケヤ

世界大百科事典 第2版の解説

おけや【桶屋】

桶や樽をつくる職人。桶結師(おけゆいし)とか桶大工ともいわれた。樽をつくる樽屋と分けて呼ぶこともあるが,両者を区別せずに江戸では屋,京坂では樽屋と呼ぶことが多いと,《守貞漫稿》は書いている。桶はスギやサワラの細長い板を円形に並べて側(がわ)とし,板の底をつけ,細長い割竹の箍(たが)でしめた造り物で,水桶,菜桶,鮨桶といった容器や火桶,腰桶といった調度として,古代中期には一般にも使われていた。桶結が独立した職人となったのは中世後期になってからで,奈良興福寺の大乗院の管理下に桶結座が組織されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おけや【桶屋】

桶の製造・修繕を職業とする人。また、その家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桶屋
おけや

桶を生産する職人。古くは桶結(おけゆい)師とか桶大工ともいわれた。桶はスギ・サワラの細長い板を円形に並べて側(かわ)とし、板底をつけ、細長い割竹の箍(たが)で締めた作り物で、日常生活の水桶、みそ桶などの容器、または火桶、腰桶(腰掛の一種)といった調度として、10世紀には一般にも使われていた。独立した職人となったのは15世紀のことで、容器として庶民生活の必需品となってきたし、17世紀からは、製造と販売を兼ねる居職(いじょく)の桶屋が成立し、城下町などでは集住して桶屋町をつくっていた。樽(たる)もこの桶屋のつくるもので、桶や樽は箍が壊れることが多いので、修理のための出職(でしょく)の者もいた。工具には木槌(きづち)、鋸(のこぎり)、小刀、ならしなどがあった。出職のときは道具箱に入れて竹の箍とともに携帯していた。近年は、新しい材料の生活用具に需要が奪われて、仕事は少なくなってきている。[遠藤元男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の桶屋の言及

【職業神】より

…この弘法大師がまた聖徳太子と混同して語り伝えられ炭焼きも太子様を信仰した。 関西以西では木樵,木挽,炭焼きのほかに大工,左官,石屋,桶屋などの職人ももっぱら太子様を信仰し,太子講を組んでまつりをした。これは農村の大師講すなわちダイシコウと区別してタイシコウと呼ばれ,祭日も大師講とちがっているのが普通である。…

※「桶屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

桶屋の関連キーワード風が吹けば桶屋が儲かる水越与三兵衛(初代)十寸見河丈(4代)ベールキン物語源五郎の天昇り食わず女房松屋菊三郎吹く・噴くジェッリ農間余業中山功太福島正則社会科学遠藤元男職人町付き馬太子講公役槍鉋役銭

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桶屋の関連情報