風につれなき物語(読み)かぜにつれなきものがたり

精選版 日本国語大辞典「風につれなき物語」の解説

かぜにつれなきものがたり【風につれなき物語】

鎌倉時代擬古物語。作者未詳。初めの一巻だけが現存。「無名草子」の成立以後で、文永八年(一二七一)成立の「風葉和歌集」に、四六首の歌が収録されているので、それ以前の成立であろう。権中納言(のちの関白)を主人公恋愛人生のつれなさを描いたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「風につれなき物語」の解説

かぜにつれなきものがたり【風につれなき物語】

鎌倉時代の物語最初の1巻のみ現存。作者未詳。文永8年(1271)以前の成立とされる。権中納言を主人公に、恋愛と人生のつれなさ、はかなさを描いたもの。風葉集本書の歌42首を収録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android