コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風葉和歌集 ふうようわかしゅう

6件 の用語解説(風葉和歌集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風葉和歌集
ふうようわかしゅう

鎌倉時代の物語歌集。もと 20巻。現存本は末2巻を欠き,18巻。文永8 (1271) 年大宮院よし子 (後嵯峨院の皇后,後深草院,亀山院の母后) の下命により選ばれた。撰者は不明であるが,一説に藤原為家という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふうようわかしゅう〔フウエフワカシフ〕【風葉和歌集】

鎌倉中期の歌集。20巻。現存本は末尾2巻を欠く。藤原為家撰か。後嵯峨院中宮姞子(よしこ)の命により、文永8年(1271)成立。平安時代から鎌倉初期までの作り物語の中から、和歌約1400首(現存本)を選び、作者・詞書を添え、勅撰集にならって分類したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

風葉和歌集【ふうようわかしゅう】

鎌倉中期の歌集。20巻。編者未詳。後深草,亀山両天皇の母親である皇太后藤原【よし】子(よしこ)(大宮院)の命により,平安時代から鎌倉初期までの作り物語の中の和歌を選び,勅撰集にならって作者名と詞書を付し分類配列されたもの。
→関連項目堤中納言物語我身にたどる姫君

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふうようわかしゅう【風葉和歌集】

鎌倉時代の歌集。後嵯峨院の中宮で,後深草・亀山両天皇の生母であった皇太后藤原姞子(よしこ)(大宮院)の下命により,1271年(文永8)に成る。平安・鎌倉時代の作り物語から歌をえらび出し,勅撰集の部立にならって配列した歌集。現存本は,仮名序および春(上・下),夏,秋(上・下),冬,神祇(じんぎ)釈教,離別羇旅(きりよ),哀傷,賀,恋(1~5),雑(ぞう)(1~3)の18巻1418首から成るが,原形は20巻1500余首であったと推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふうようわかしゅう【風葉和歌集】

歌集。二〇巻(現存本は末尾二巻が欠)。藤原為家編かといわれるが未詳。1271年成立。亀山天皇の母后姞子よしこの命により、当時存在した作り物語の中から約千四百首(現存本)の歌を選び、部立てを設け、詞書ことばがきと詠者名を添えて収めたもの。散逸物語の研究資料として貴重。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風葉和歌集
ふうようわかしゅう

鎌倉時代に編纂(へんさん)された物語歌集。20巻のうち末尾二巻を欠く。1271年(文永8)後嵯峨(ごさが)天皇の中宮(ちゅうぐう)であった大宮院の命を受けて撰進(せんしん)したもの。撰者は藤原為家(ためいえ)かといわれる。当時つくり伝えられていた物語の和歌を選び、勅撰和歌集の体裁に倣って四季、恋、雑(ぞう)に分類配列する。現存18巻でいえば、物語数にして約200編、和歌1418首を収める。内訳は、現存する物語24編、名の知られる散佚(さんいつ)物語174編で、平安時代から鎌倉時代にかけての物語の研究に貴重な資料を提供する。
 歌数の多い順では『源氏物語』180首、『うつほ物語』110首、『狭衣(さごろも)物語』56首となっており、その多寡により物語が長編か短編か、傑作か否かの見当がつけられる。また、詞書(ことばがき)、詠(よ)み人名(びとめい)、和歌から、登場人物や作中場面が想像されるわけで、散佚物語の粗筋の復原や、物語相互の類似場面の比較、和歌の影響関係の調査をあるところまで可能にする資料である。[三角洋一]
『中野荘次他著『増訂校本風葉和歌集』(1970・友山文庫) ▽久曽神昇他編『物語和歌総覧 本文編』(1974・風間書房) ▽『新編国歌大観』(1986・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の風葉和歌集の言及

【散佚物語】より

…現在知られているものは約240種に及ぶ。それらについての最大の資料は1271年(文永8)に成った《風葉和歌集》で,当時存在した約200種の物語から歌を取っているが,その中の180種近くの物語が散佚している。1467年に始まった応仁の乱で京都が長く戦場となっていたころにでも滅んだのであろう。…

※「風葉和歌集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

風葉和歌集の関連キーワード後嵯峨天皇西園寺実氏正嘉続古今和歌集続後撰和歌集文応後嵯峨院大納言典侍後嵯峨院中納言典侍高倉永康弁内侍(1)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone