コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛ぶ鳥の トブトリノ

デジタル大辞泉の解説

とぶとり‐の【飛ぶ鳥の】

[枕]地名「明日香(あすか)」にかかる。天武天皇の時に、赤い雉の献上を吉兆として朱鳥と改元、明日香にあった大宮を飛鳥(とぶとり)の浄御原(きよみはら)の宮と名づけたところからという。
「―明日香の里を置きて去(い)なば」〈・七八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とぶとりの【飛ぶ鳥の】

( 枕詞 )
地名「明日香あすか」にかかる。朱鳥元年に瑞鳥の出現によって改元したのを記念して「明日香」の枕詞としたとも説かれるが、かかり方未詳。 「 -明日香の川の上つ瀬に生ふる玉藻は/万葉集 194

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

飛ぶ鳥のの関連キーワードおもな枕詞とかかり方オオハクチョウ飛鳥・明日香鳥影が射す夏麻引く太敷く万葉集明日香下延ふ対句骨髄鳥影枕詞なむ飛鳥

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛ぶ鳥のの関連情報