コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛騨変成岩 ヒダヘンセイガン

百科事典マイペディアの解説

飛騨変成岩【ひだへんせいがん】

飛騨山脈北部,飛騨高地両白山地北部に分布する片麻岩類。アジア大陸の先カンブリア時代の片麻岩に似ていること,すぐ南の飛騨外縁構造帯に非変成オルドビス=シルル系があること,最も古い放射年代が約20億年前を示すことから,少なくともシルル紀以前(おそらく先カンブリア時代)のものとする考えがふつう。ただし主な放射年代は古生代末および中生代で,そのころ花コウ岩類の貫入により再変成を受けたという意見が有力。日本列島の基盤岩である。
→関連項目先カンブリア時代飛騨高地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

飛騨変成岩の関連キーワード秋吉造山運動飛騨片麻岩造山運動飛騨帯隠岐剱岳立山

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android