コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛騨変成岩 ヒダヘンセイガン

2件 の用語解説(飛騨変成岩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひだ‐へんせいがん【飛×騨変成岩】

飛騨山地や隠岐(おき)に分布する変成岩。片麻岩・角閃岩(かくせんがん)などからなる。先カンブリア時代後期から中生代前期にかけて変成作用が繰り返されたと考えられている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

飛騨変成岩【ひだへんせいがん】

飛騨山脈北部,飛騨高地両白山地北部に分布する片麻岩類。アジア大陸の先カンブリア時代の片麻岩に似ていること,すぐ南の飛騨外縁構造帯に非変成オルドビス=シルル系があること,最も古い放射年代が約20億年前を示すことから,少なくともシルル紀以前(おそらく先カンブリア時代)のものとする考えがふつう。
→関連項目先カンブリア時代飛騨高地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone