コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛騨高地 ヒダコウチ

4件 の用語解説(飛騨高地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひだ‐こうち〔‐カウチ〕【飛騨高地】

岐阜・富山両県にまたがり、東の飛騨山脈と西の両白(りょうはく)山地との間に広がる高地。標高約1000メートル。飛騨山地飛騨高原

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

飛騨高地【ひだこうち】

岐阜県北部,富山県の一部を占める高原状の山地。東に飛騨山脈,西に両白山地がそびえ,約1500mの標高で広がる。神通・庄・益田(ましだ)の各川が峡谷を刻み,中央に高山盆地がある。
→関連項目大山[町]金山[町]岐阜[県]国府[町]富山[県]富山[市]八幡[町]八尾[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県(富山県)〕飛騨高地(ひだこうち)


岐阜県北部から富山県南部にまたがる高地。東は飛騨山脈(北アルプス)、西は両白(りょうはく)山地に画され、標高約1000~1500mの高原状を呈する。飛騨山地・飛騨高原とも。飛騨川・神通(じんずう)川・庄(しょう)川が南・北流し、深い峡谷を刻む。高山(たかやま)盆地がやや開けた平地で、飛騨地方の産業・文化の中心をなす。庄川上流の岐阜県大野(おおの)郡白川(しらかわ)村荻(おぎ)町と富山県南砺(なんと)市菅沼(すがぬま)の合掌(がっしょう)造り集落は1995年(平成7)に「白川郷合掌造り集落」として世界遺産文化遺産)に登録された。ダム・発電所が多数立地する電源地帯でもあり、森林資源にも恵まれ、林業も盛ん。世界遺産ブームで交通網の整備、観光地化が進み、豊富な降雪量を生かしたスキー場や温泉利用客が多い。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛騨高地
ひだこうち

岐阜県北部の高地。東の県境に飛騨山脈、西の県境に両白(りょうはく)山地が南北に連なり、これら東西の県境山地の間に広がるのが飛騨高地で、標高1000~1500メートル前後。北流する神通(じんづう)川・庄(しょう)川の両水系は、北部の県境一帯の下流部では深い峡谷を刻み、中央部の上流域では宮川沿いに高山・古川両盆地をつくっており、飛騨の中心地が開けている。周辺部、とくに北部および西部の山間地では、冬季の積雪量が多く、冬の終わりから春先には雪崩(なだれ)の発生する危険もあり、交通や生活などの障害となっていたが、近年、森林や地下資源、水資源、観光資源などが開発された。交通は便利になったが、過疎化現象は進んでいる。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone