コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛騨高地 ヒダコウチ

4件 の用語解説(飛騨高地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひだ‐こうち〔‐カウチ〕【飛騨高地】

岐阜・富山両県にまたがり、東の飛騨山脈と西の両白(りょうはく)山地との間に広がる高地。標高約1000メートル。飛騨山地飛騨高原

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

飛騨高地【ひだこうち】

岐阜県北部,富山県の一部を占める高原状の山地。東に飛騨山脈,西に両白山地がそびえ,約1500mの標高で広がる。神通・庄・益田(ましだ)の各川が峡谷を刻み,中央に高山盆地がある。
→関連項目大山[町]金山[町]岐阜[県]国府[町]富山[県]富山[市]八幡[町]八尾[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県(富山県)〕飛騨高地(ひだこうち)


岐阜県北部から富山県南部にまたがる高地。東は飛騨山脈(北アルプス)、西は両白(りょうはく)山地に画され、標高約1000~1500mの高原状を呈する。飛騨山地・飛騨高原とも。飛騨川・神通(じんずう)川・庄(しょう)川が南・北流し、深い峡谷を刻む。高山(たかやま)盆地がやや開けた平地で、飛騨地方の産業・文化の中心をなす。庄川上流の岐阜県大野(おおの)郡白川(しらかわ)村荻(おぎ)町と富山県南砺(なんと)市菅沼(すがぬま)の合掌(がっしょう)造り集落は1995年(平成7)に「白川郷合掌造り集落」として世界遺産文化遺産)に登録された。ダム・発電所が多数立地する電源地帯でもあり、森林資源にも恵まれ、林業も盛ん。世界遺産ブームで交通網の整備、観光地化が進み、豊富な降雪量を生かしたスキー場や温泉利用客が多い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛騨高地
ひだこうち

岐阜県北部の高地。東の県境に飛騨山脈、西の県境に両白(りょうはく)山地が南北に連なり、これら東西の県境山地の間に広がるのが飛騨高地で、標高1000~1500メートル前後。北流する神通(じんづう)川・庄(しょう)川の両水系は、北部の県境一帯の下流部では深い峡谷を刻み、中央部の上流域では宮川沿いに高山・古川両盆地をつくっており、飛騨の中心地が開けている。周辺部、とくに北部および西部の山間地では、冬季の積雪量が多く、冬の終わりから春先には雪崩(なだれ)の発生する危険もあり、交通や生活などの障害となっていたが、近年、森林や地下資源、水資源、観光資源などが開発された。交通は便利になったが、過疎化現象は進んでいる。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛騨高地の関連キーワードギアナ高地駒込神通川野坂山地雑司ヶ谷南紀美濃山県飛騨飛驒高地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone