コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥京跡 アスカキョウアト

デジタル大辞泉の解説

あすかきょう‐あと〔あすかキヤウ‐〕【飛鳥京跡】

明日香村奈良県高市郡)にある飛鳥時代の遺跡。6世紀末から7世紀にかけて歴代の天皇が営んだ宮を中心とする地区で、豊浦宮小墾田宮飛鳥岡本宮飛鳥板蓋宮飛鳥川辺行宮・飛鳥川原宮後飛鳥岡本宮飛鳥浄御原宮などがあったとされる。明日香村法による歴史的風土保存地区に指定されている。飛鳥宮跡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

飛鳥京跡の関連キーワード飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群飛鳥中尾山古墳大津皇子板蓋宮富本銭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛鳥京跡の関連情報