飛鳥京跡(読み)アスカキョウアト

デジタル大辞泉「飛鳥京跡」の解説

あすかきょう‐あと〔あすかキヤウ‐〕【飛鳥京跡】

明日香村(奈良県高市郡)にある飛鳥時代遺跡。6世紀末から7世紀にかけて歴代天皇が営んだを中心とする地区で、豊浦宮小墾田宮飛鳥岡本宮飛鳥板蓋宮飛鳥川辺行宮・飛鳥川原宮後飛鳥岡本宮飛鳥浄御原宮などがあったとされる。明日香村法による歴史的風土保存地区に指定されている。飛鳥宮跡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android