飛鳥浄御原宮(読み)あすかのきよみはらのみや

百科事典マイペディアの解説

飛鳥浄御原宮【あすかきよみはらのみや】

天武・持統両天皇の宮室。奈良県高市郡明日香(あすか)村の飛鳥寺の北方から雷丘の東方の範囲を伝承地とする説がある。しかし近年,飛鳥板蓋宮伝承地から発掘された上層遺構から,掘立柱建物・板塀・井戸,天武10年(681年)にあたる〈辛巳(しんし)年〉〈大津皇子〉〈大友〉などの人名を記した木簡が出土しており,これをあてる説もある。672年の壬申(じんしん)の乱後ただちに建設,694年の藤原遷都までの宮。
→関連項目天武天皇藤原京大和国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あすかきよみはらのみや【飛鳥浄御原宮】

7世紀末の皇居。672年(天武1),壬申の乱の終焉後,大海人皇子は,飛鳥岡本宮の南に宮室を営むことを命じ,その冬に移っている。これが飛鳥浄御原宮であり,翌年2月には,壇場を設けて即位した。一方,《日本書紀》朱鳥1年(686)7月戊午条に,この日朱鳥と改元し,それによって,宮を飛鳥浄御原宮と名づけたことがみえている。《日本書紀》には,新しい宮地に壇を設け,そこに上って即位した記事が散見する。そうした例からみると,天武即位とともに,飛鳥浄御原宮との呼称が生まれたとみてよい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あすかのきよみはらのみや【飛鳥浄御原宮】

672年から694年にかけての天武・持統両帝の皇居。明日香村雷いかずちと同飛鳥との間に位置したと考えられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛鳥浄御原宮
あすかきよみはらのみや

672年(天武1)から藤原宮(ふじわらのみや)へ遷都する694年(持統8)までの天武・持統両朝の宮。『日本書紀』には、この宮は舒明(じょめい)・斉明(さいめい)朝の岡本宮(おかもとのみや)の南に営まれ、飛鳥寺(あすかでら)と同じ真神原(まかみがはら)にあったとみえ、また天武天皇が朝な夕なに賞(め)でたという「神岳(かみおか)の山の黄葉(もみじ)」(『万葉集』巻2―159)の神奈備山(かんなびやま)は、橘寺(たちばなでら)背後の「ミハ山」であろうから、この宮殿は明日香(あすか)村岡(おか)の国史跡「伝飛鳥板蓋宮跡(でんあすかいたぶきのみやあと)」付近にあったものであろう。この地域の発掘調査が近年継続して進められ、付近一帯に宮殿遺構とみられる大規模な建物群が、重層的に少なくとも3回存在することが明らかになった。その最上層から天武10年の年紀をもつ木簡が出土し、浄御原宮の遺構である可能性が高まった。そこには東西158メートル、南北198メートルの内郭(ないかく)と、その東南に東西94メートル、南北55メートルの東南郭(その中に9間×5間の大極殿(だいごくでん)相当建物がある)があり、さらにそれらを取り巻く外郭(がいかく)施設が確認され、その中に官衙(かんが)や苑池(えんち)が配される構造が徐々に明らかにされつつある。『日本書紀』には浄御原宮の殿舎として、新宮(にいみや)・旧宮(ふるみや)の別のほか大極殿、大安殿(おおあんどの)、内安殿(うちのあんどの)、外安殿(とのあんどの)・向小殿(むかいのこあんどの)、西庁(にしのまつりごとどの)などがみえる。[狩野 久]
『奈良県教育委員会編『飛鳥京跡1、2』(1971、1980) ▽岸俊男著『日本古代宮都の研究』(1988・岩波書店) ▽今泉隆雄著『古代宮都の研究』(1993・吉川弘文館) ▽林部均著『古代宮都形成過程の研究』(2001・青木書店) ▽小澤毅著『日本古代宮都構造の研究』(2003・青木書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の飛鳥浄御原宮の言及

【大安殿】より

…飛鳥浄御原宮と藤原宮にみる殿舎名。両宮にみえる大安殿は宴,賜物などの場として使用され,親王,侍従らを召しているところからみると内裏内の中心的建物と考えられる。…

※「飛鳥浄御原宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛鳥浄御原宮の関連情報