コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊浦宮 トユラノミヤ

3件 の用語解説(豊浦宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とゆら‐の‐みや【豊浦宮】

奈良県高市郡明日香村豊浦にあったとされる推古天皇の皇居。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とゆらのみや【豊浦宮】

小墾田宮おはりだのみや遷都前の推古天皇の皇居。奈良県明日香村豊浦にあったと推定される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊浦宮
とゆらのみや

奈良県明日香(あすか)村豊浦付近にあったと推定される推古(すいこ)天皇の宮室。592年(崇峻天皇5)12月、豊浦宮に即位した推古天皇は、以後2世紀にわたって頻出する女帝の最初であり、豊浦宮は藤原京遷都までの約1世紀間、宮都が飛鳥(あすか)に集中する端緒となった。668年(天智天皇7)につくられた船氏王後(ふなしおうご)墓誌は、推古天皇を「等由羅宮(とゆらのみや)治天下天皇」と記す。『日本書紀』は、豊浦宮から小墾田宮(おはりだのみや)へ遷(うつ)った年を603年(推古天皇11)とするが、『元興寺縁起並流記資財帳(がんごうじえんぎならびにるきしざいちょう)』は等由良宮(とゆらのみや)を施入して等由良寺とした年を593年(推古天皇1)のこととしている。豊浦の現向原(こうげん)寺とその付近からは、豊浦寺の飛鳥時代創建基壇建物のほか、その下層から周囲に玉石敷やバラス敷を伴う掘立て柱建物が発掘されている。[中尾芳治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の豊浦宮の言及

【小墾田宮】より

…603年(推古11)10月,推古天皇は,豊浦宮より小墾田宮に移る。そして,628年(推古36)3月に没するまでの間,この小墾田宮が推古朝政治の舞台となった。…

※「豊浦宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

豊浦宮の関連キーワード向原寺酒船石大官大寺飛鳥京跡甘橿岡神奈備山さ檜の隈檜隈川あたかちゃん右近橘

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone