コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯国壮三郎 いいぐに そうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯国壮三郎 いいぐに-そうざぶろう

1901-1955 大正-昭和時代の実業家,政治家。
明治34年9月8日生まれ。同郷島根県出身の宍道(しんじ)政一郎の書生をしながら関西大を卒業し,宍道の経営する大阪帆布,出雲(いずも)製織に勤務。宍道の死後,合併し創立された大和紡績(ダイワボウ)の出雲工場長をへて,戦後は常務,専務取締役を歴任した。昭和21年衆議院議員(自由党)。昭和30年10月27日死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯国壮三郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android