コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯尾之種 いのお ゆきたね

2件 の用語解説(飯尾之種の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯尾之種 いのお-ゆきたね

?-1473 室町時代の幕府官僚。
飯尾為種(ためたね)の次男。文安元年(1444)室町幕府の奉行人となる。政所(まんどころ)執事代,侍所開闔(さむらいどころかいこう)などをつとめ,権勢をふるった。文明5年死去。通称は左衛門大夫。姓は「いいお」「いいのお」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

飯尾之種

生年:生没年不詳
室町幕府の法曹官僚。為種の次男。京都に出生。宝徳2(1450)年の奉書に署判がみえ,幕府右筆方の奉行に就任したと推定される。父為種が兼務していた八幡,南都,関東,山門,北野の5別奉行を相続し,これら寺社や機関の裁判を担当,さらに相国寺以下21カ寺の奉行を兼ね,椀飯方,的方,御出奉行も兼帯,一時は政所執事代,神宮開闔,侍所開闔と主要諸機関の奉行を独占し,応仁の乱前後に絶大な権勢を振るう。文正1(1466)年11月に失脚して所帯を没収されるが,程なく復活。文明5(1473)年以降奉書から消えるので,そのころ病没したものと思われる。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯尾之種の関連キーワード執事所司室町幕府地奉行頭人中先代厩奉行飯尾為種飯尾貞連飯尾為数

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone