飯干晃一(読み)いいぼし こういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯干晃一 いいぼし-こういち

1924-1996 昭和後期-平成時代の小説家。
大正13年6月2日生まれ。読売新聞社にはいり,社会部記者として暴力団追及の筆をとる。昭和43年作家に転身。「山口組三代目」「仁義なき戦い」「日本の首領(ドン)」などの実録小説で知られ,そのおおくが映画化された。平成8年3月2日死去。71歳。大阪出身。京大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯干晃一の関連情報