コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田徳治 イイダトクジ

2件 の用語解説(飯田徳治の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いいだ‐とくじ〔いひだトクヂ〕【飯田徳治】

[1924~2000]プロ野球選手・監督。神奈川の生まれ。昭和22年(1947)南海(福岡ソフトバンクの前身)に入団。一塁手として、また、打点王を二度獲得するなど打撃でも活躍し、1246試合連続出場を記録。引退後はサンケイ・南海の監督を務めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田徳治 いいだ-とくじ

1924-2000 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
大正13年4月6日生まれ。東京鉄道局をへて,昭和22年南海に入団。一塁手として蔭山和夫らと「100万ドルの内野陣」をつくり,打点王2回。32年国鉄に移籍し,盗塁王。23年から33年にかけ1246試合連続出場。実働17年,通算1978安打,2割8分4厘,183本塁打。産経,南海の監督をつとめた。56年野球殿堂入り。平成12年6月19日死去。76歳。神奈川県出身。浅野中学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

飯田徳治の関連キーワード大下弘秋山登池田豊大杉勝男張本勲池永正明越智正典木塚忠助土井正博並木輝男

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯田徳治の関連情報