コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田徳治 イイダトクジ

デジタル大辞泉の解説

いいだ‐とくじ〔いひだトクヂ〕【飯田徳治】

[1924~2000]プロ野球選手・監督神奈川の生まれ。昭和22年(1947)南海福岡ソフトバンク前身)に入団一塁手として、また、打点王を二度獲得するなど打撃でも活躍し、1246試合連続出場を記録。引退後はサンケイ・南海の監督を務めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田徳治 いいだ-とくじ

1924-2000 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
大正13年4月6日生まれ。東京鉄道局をへて,昭和22年南海に入団。一塁手として蔭山和夫らと「100万ドルの内野陣」をつくり,打点王2回。32年国鉄に移籍し,盗塁王。23年から33年にかけ1246試合連続出場。実働17年,通算1978安打,2割8分4厘,183本塁打。産経,南海の監督をつとめた。56年野球殿堂入り。平成12年6月19日死去。76歳。神奈川県出身。浅野中学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飯田徳治の関連キーワード飯田

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android