コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田竜太 いいだ りゅうた

1件 の用語解説(飯田竜太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田竜太 いいだ-りゅうた

1920-2007 昭和後期-平成時代の俳人。
大正9年7月10日生まれ。飯田蛇笏(だこつ)の4男。郷里の山梨県境川村(現笛吹市)で「雲母(うんも)」の編集にあたり,昭和37年から主宰。現代的な感性で自然を叙情ゆたかに表現し,44年「忘音」で読売文学賞。55年芸術院恩賜賞。59年芸術院会員。平成4年「雲母」を通巻900号で終刊にした。平成19年2月25日死去。86歳。国学院大卒。句集に「百戸の谿(たに)」,著作に「無数の目」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の飯田竜太の言及

【俳句】より

…虚子もさきの《虚子句集》の序で〈俳諧の発句,即ち今日いふところの俳句〉と述べている。 飯田竜太は,俳句は〈日本人なら誰もが持っている感性〉(《山居四望》1984)を基本とする詩だと説いているが,前衛派と伝統派の相克を通して,俳句はそうした共通の感性を不断に形成しているといえよう。中村草田男の〈降る雪や明治は遠くなりにけり〉,加藤楸邨(しゆうそん)の〈鮟鱇(あんこう)の骨まで凍ててぶちきらる〉などは,俳句による日本人の感性の刻印であった。…

※「飯田竜太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飯田竜太の関連キーワード東義国伊藤冨雄菊地吾郎熊田誠鈴木敬田中徳三辻隆新島繁(2)松本作衛勝又進

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯田竜太の関連情報