飲水(読み)いんすい

精選版 日本国語大辞典「飲水」の解説

いん‐すい【飲水】

〘名〙
① (━する) 水を飲むこと。また、その水。
※車屋本謡曲・大原御幸(1570頃か)「海にのぞめども、うしほなれば飲水せず」 〔礼記‐檀弓下〕
※兵範記‐久寿三年(1156)正月一三日「今夜右京大夫長輔卿薨逝了、生年五十四、月来飲水之至云々」

のみ‐みず ‥みづ【飲水】

〘名〙 飲料に供する水。飲用水。
※評判記・色道大鏡(1678)五「此故に、気つけ・血留・呑水(ノミミヅ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「飲水」の解説

いん‐すい【飲水】

[名](スル)水を飲むこと。水分を摂取すること。また、その水。「試合中に選手の飲水時間を設ける」

のみ‐みず〔‐みづ〕【飲(み)水】

飲むための水。飲料水
[類語]飲料水飲用水お冷や天然水名水ミネラルウオーター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android