飼兎(読み)カイウサギ

デジタル大辞泉の解説

かい‐うさぎ〔かひ‐〕【飼×兎】

家畜のウサギの総称ヨーロッパアナウサギ品種改良したもので、肉用・毛用・毛皮用・愛玩(あいがん)用などとする。アンゴラウサギチンチラウサギ・ヒマラヤン・レッキス・ロップイアード・ニュージーランドホワイト・日本白色種など、品種が多い。家うさぎ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐うさぎ かひ‥【飼兎】

〘名〙 ヨーロッパのアナウサギを品種改良したもので、毛皮用にチンチラ、レッキス、毛用にアンゴラ、肉用にベルジアン、フレミッシュ、愛玩用にヒマラヤン、その他白色日本種やニュージーランドホワイトなど約一五〇の品種がある。いえうさぎ。家兎(かと)。《季・冬》
※俳諧・延享廿歌仙(1745)一〇「雷にいよいよすくむ飼兎 俤遠き山の手の井戸〈秋風〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android