コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本白色種 にほんはくしょくしゅ

2件 の用語解説(日本白色種の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本白色種
にほんはくしょくしゅ

日本で最も多く飼育されている白色うさぎ。起源は明らかでないが,明治初期に養兎が流行した時代に輸入された外来種と在来種との混血によって生じたものと考えられている。その頃は体型がそろっておらず,大型のものをメリケン,中型をイタリアン,小型を南京と呼んでいたが,現在は統一して日本白色種と名づけられ,体型も比較的にそろっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本白色種
にほんはくしょくしゅ

哺乳(ほにゅう)綱ウサギ目ウサギ科の動物。カイウサギの一品種で、日本ではもっとも多く飼育されている。毛色は白で、アルビノ(白化型)である。起源は明らかでないが、明治初期に輸入された外来種と日本在来種との混血によってできたと考えられる。毛皮と肉を利用する兼用種として優秀な品種である。[澤崎 徹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本白色種の関連キーワードコリデールザーネン中鷺白色レグホンホルスタイン飼兎白兎東北野兎近江牛うさぎ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本白色種の関連情報