コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ウ

4件 の用語解説(兎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

う【×兎】

ウサギの古名。
「露を待つ―の毛もいかにしをるらむ月の桂の影を頼みて」〈拾遺愚草・上〉

うさぎ【×兎】

ウサギ目ウサギ科の哺乳類の総称。ノウサギ類と、飼いウサギの原種であるアナウサギ類とに分けられる。体長40~60センチのものが多く、一般に耳が長く、前肢は短く、後肢は長い。上唇は縦に裂け、上あごの門歯は二対ある。飼いウサギの品種は多く、肉は食用、毛皮は襟巻きなどにし、医学実験用・愛玩(あいがん)用ともする。ウサギ目にはナキウサギ科も含まれる。 冬》

おさぎ〔をさぎ〕【×兎】

うさぎ」の上代東国方言
「等夜(とや)の野に―ねらはり(=ネラッテ)をさをさも寝なへ児故に母にころはえ」〈・三五二九〉

と【兎】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ト(漢) [訓]うさぎ
〈ト〉
動物の名。ウサギ。「家兎狡兎(こうと)脱兎野兎
月のこと。「烏兎(うと)玉兎
〈うさぎ〉「白兎野兎雪兎
[難読]兎角(とかく)兎(と)に角(かく)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兎の関連キーワードウサギ白鷺穴兎樏兎白兎跳兎啼兎雪兎ナキウサギ(鳴兎)ムカシウサギ(昔兎)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兎の関連情報