(読み)ウサギ

デジタル大辞泉「兎」の解説

うさぎ【×兎】

ウサギ目ウサギ科の哺乳類の総称。ノウサギ類と、飼いウサギの原種であるアナウサギ類とに分けられる。体長40〜60センチのものが多く、一般に耳が長く、前肢は短く、後肢は長い。上唇は縦に裂け、上あごの門歯は二対ある。飼いウサギの品種は多く、肉は食用、毛皮は襟巻きなどにし、医学実験用・愛玩あいがん用ともする。ウサギ目にはナキウサギ科も含まれる。 冬》
[類語]野兎雪兎穴兎飼い兎アンゴラ兎

と【兎】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ト(漢) [うさぎ
〈ト〉
動物の名。ウサギ。「家兎狡兎こうと脱兎野兎
月のこと。「烏兎うと玉兎
〈うさぎ〉「白兎野兎雪兎
[難読]兎角とかくかく

おさぎ〔をさぎ〕【×兎】

「うさぎ」の上代東国方言。
等夜とやに—ねらはり(=ネラッテ)をさをさも寝なへ児故に母にころはえ」〈・三五二九〉

う【×兎】

ウサギの古名。
「露を待つ—の毛もいかにしをるらむ月のの影を頼みて」〈拾遺愚草・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「兎」の解説

おさぎ をさぎ【兎】

〘名〙 (もとは「うさぎ(兎)」の上代東国方言か) =うさぎ(兎)
万葉(8C後)一四・三五二九「等夜(とや)の野に乎佐芸(ヲサギ)(ねら)はりをさをさも寝なへ児ゆゑに母に嘖(ころ)はえ」

うさ【兎】

〘名〙 うさぎ。
※大般涅槃経治安四年点(1024)八「何が故ぞ、菟(ウサ)の角を生ぜざる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android