(読み)ウ

デジタル大辞泉の解説

う【×兎】

ウサギ古名
「露を待つ―の毛もいかにしをるらむ月の桂の影を頼みて」〈拾遺愚草・上〉

うさぎ【×兎】

ウサギ目ウサギ科の哺乳類の総称。ノウサギ類と、飼いウサギの原種であるアナウサギ類とに分けられる。体長40~60センチのものが多く、一般に耳が長く、前肢は短く、後肢は長い。上唇は縦に裂け、上あごの門歯は二対ある。飼いウサギの品種は多く、肉は食用、毛皮は襟巻きなどにし、医学実験用・愛玩(あいがん)用ともする。ウサギ目にはナキウサギ科も含まれる。 冬》

おさぎ〔をさぎ〕【×兎】

うさぎ」の上代東国方言。
「等夜(とや)の野に―ねらはり(=ネラッテ)をさをさも寝なへ児故に母にころはえ」〈・三五二九〉

と【兎】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ト(漢) [訓]うさぎ
〈ト〉
動物の名。ウサギ。「家兎狡兎(こうと)脱兎野兎
月のこと。「烏兎(うと)玉兎
〈うさぎ〉「白兎野兎雪兎
[難読]兎角(とかく)兎(と)に角(かく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兎の関連情報