コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養老渓谷奥清澄県立自然公園(読み)ようろうけいこくおくきよすみけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

養老渓谷奥清澄県立自然公園
ようろうけいこくおくきよすみけんりつしぜんこうえん

千葉県南部,養老川の上流部,養老渓谷清澄山 (377m) の北斜面一帯を占める自然公園。面積 27.90km2。 1935年指定。勝浦市の北西,大多喜町に属する。山岳の少い千葉県としては珍しい渓谷美をもち,春はツツジ,フジ,秋は紅葉の名所。アユ,ヤマベなどの釣場としても知られ,葛藤 (くずふじ) に養老温泉がある。奥清澄は国有林,東京大学演習林が大部分を占め,人工林の美しい林相を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android