勝浦市(読み)かつうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝浦〔市〕
かつうら

千葉県南東部,太平洋に面する市。1937年勝浦町(1890町制)と豊浜村が合体ののち,1955年興津町と総野村,上野村の 2村と合体し,1958年市制。江戸時代,中心市街地の勝浦は,植村土佐守の所領(八幡岬に勝浦城址がある)で,商業,漁業の中心地であり,西方の興津には仙台藩取締所があって,東北諸藩の廻船が出入りした。県下有数の漁港で,港の設備をはじめ,給油・冷凍施設が整い,船の出入りも多い。リアス海岸で小入江が多く,勝浦のほかにも小漁港がある。魚市場があり,水産加工も盛ん。海女によるアワビ,サザエの採取も行なわれる。夷隅川流域を中心に,米作や果実・野菜栽培,酪農,畜産も行なわれ,林業も盛ん。名物の朝市があり地方商業の中心地。海岸は避寒地,海水浴場として有名。付近に鵜原理想郷勝浦海域公園地区おせんころがし断層崖),守谷洞穴などの景勝・観光地があり,南房総国定公園に属する。海岸部を JR外房線,国道128号線が走り,国道297号線で千葉市と結ばれる。面積 93.96km2(境界未定)。人口 1万9248(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝浦市の関連情報