コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養老川 ようろうがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

養老川
ようろうがわ

千葉県房総半島中部を北西流する川。全長約 64km。半島南部にある清澄山(377m)付近に発し,東京湾に注ぐ。上流の養老渓谷新第三紀の砂質凝灰岩が浸食されてできたもので,絶壁や早瀬はない。一帯は養老渓谷奥清澄県立自然公園に属する。中流部は曲流して河岸段丘が発達し,下流に三角州が形成されて水田地帯をなす。河口付近は京葉工業地域の中心。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

養老川【ようろうがわ】

千葉県中央部を流れる川。長さ64km。流域面積260km2清澄山付近に発し,房総半島中部を北流市原市で東京湾に注ぐ。水戸光圀の《甲寅紀行》には二井川・飯沼川などとある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようろうがわ【養老川】

千葉県南部の清澄山に源を発し,北西流して東京湾に注ぐ川。全長70km,流域面積246km2。上流部に夷隅いすみ)川と河川の争奪をした空谷(からだに),中流に数kmにわたる景勝の養老渓谷と,京葉工業地域に工業用水を供給する山倉ダムがある。また中流には桜の名所鶴舞や,かつて勝浦街道の馬継ぎ地で現在も半島中央部の商業中心をなす牛久(うしく)がある。下流の三角州は米作や果樹栽培に利用されてきたが,近年は臨海部に続く工業地になりつつある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようろうがわ【養老川】

千葉県南部清澄山を源に北流して東京湾に注ぐ川。養老渓谷がある。長さ75キロメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕養老川(ようろうがわ)


千葉県南部から中部を流れる川。房総(ぼうそう)丘陵の清澄(きよすみ)山北東方の麻綿原(まめんばら)に源を発し、北流して市原(いちはら)市の五井(ごい)海岸で東京湾に注ぐ。2級河川(養老川水系)。延長73km。上流は養老渓谷の景勝地。中流に高滝(たかたき)ダムがある。河口部は埋め立てられ大工場群が立地、京葉(けいよう)工業地帯の一角をなす。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

養老川
ようろうがわ

千葉県南部の清澄(きよすみ)山に源を発し、北流して東京湾に注ぐ川。延長75キロメートル、流域面積246平方キロメートル。大多喜(おおたき)町で養老渓谷をつくり、古敷谷(こしきや)川、平蔵(へいぞう)川、内田川などを集めながら市原(いちはら)市域を流れる。中・下流域は谷が開けて米作が盛んで、千葉県有数の穀倉地帯をなし、下流の市原市域で約9000ヘクタールを潤す農業用水に利用されるほか、京葉工業地帯の形成に伴って立地企業16社の工業用水として供給され、その貯水用に山倉(やまくら)ダムが造成された。1970年(昭和45)の洪水を契機に養老川と古敷谷川の合流点に水量調節を行う多目的ダムの高滝ダムが建設され、河川改修事業も進められた。養老渓谷は県立養老渓谷奥清澄県立自然公園の中心地で、砂質凝灰岩が侵食されてみごとな渓谷美をつくり、梅ヶ瀬渓谷、養老温泉などの観光資源に恵まれるとともに、小湊(こみなと)鉄道が連絡して観光開発が展開した。中・下流域の丘陵や台地上には日本一といわれるほどゴルフ場が集中している。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

養老川の関連キーワード千葉県夷隅郡大多喜町稲荷台1号墳鉄剣銘文加茂(千葉県)上総国分尼寺跡大多喜[町]稲荷台1号墳チバニアン市原(市)千葉(県)山越永太郎市原[市]房総丘陵養老温泉麻綿原五井高滝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

養老川の関連情報