コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

饗庭東庵 あえば とうあん

2件 の用語解説(饗庭東庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

饗庭東庵 あえば-とうあん

1615-1673 江戸時代前期の医師。
元和(げんな)元年生まれ。京都の人。曲直瀬玄朔(まなせ-げんさく)にまなぶ。林市之進とともに金(きん)(中国)の劉(りゅう)完素の説により,陰陽五行・五運六気を臓腑経絡に配する理論をとなえ,後世派(ごせは)別派(劉医方)とよばれた。門人に味岡三伯らがいる。延宝元年死去。59歳。通称は立伯。著作に「医学授幼鈔」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

饗庭東庵

没年:延宝1(1673)
生年:元和7(1621)
江戸前期の医学者。立伯と称した。京都の人。曲直瀬玄朔の門人。のち幕府医官として仕えた林(玄伯)家の祖・林市之進(敬経)と学を交え,中国医学の基本典籍『素問』『霊枢』『難経』を講究し広めた。運気学説(保健・医療暦学)にはとりわけ造詣が深かった。編著書に『重校補註素問玄機原病式』『黄帝秘伝経脈発揮』『素問標註諸言草稿』『医学授幼鈔』がある。その学派は後世別派あるいは素霊派と称され,門派からは味岡三伯,浅井周伯,井原道閲,小野朔庵,岡本一抱,堀杏庵らの優秀な学医が輩出,江戸中期の医学の担い手となった。

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

饗庭東庵の関連キーワード堤盛尹半井和年藤波氏守宝賀轍士児玉良悦長道津田助直林鵝峰岡寿元

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone