コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

饗庭東庵 あえば とうあん

2件 の用語解説(饗庭東庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

饗庭東庵 あえば-とうあん

1615-1673 江戸時代前期の医師。
元和(げんな)元年生まれ。京都の人。曲直瀬玄朔(まなせ-げんさく)にまなぶ。林市之進とともに金(きん)(中国)の劉(りゅう)完素の説により,陰陽五行・五運六気を臓腑経絡に配する理論をとなえ,後世派(ごせは)別派(劉医方)とよばれた。門人に味岡三伯らがいる。延宝元年死去。59歳。通称は立伯。著作に「医学授幼鈔」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

饗庭東庵

没年:延宝1(1673)
生年:元和7(1621)
江戸前期の医学者。立伯と称した。京都の人。曲直瀬玄朔の門人。のち幕府医官として仕えた林(玄伯)家の祖・林市之進(敬経)と学を交え,中国医学の基本典籍『素問』『霊枢』『難経』を講究し広めた。運気学説(保健・医療暦学)にはとりわけ造詣が深かった。編著書に『重校補註素問玄機原病式』『黄帝秘伝経脈発揮』『素問標註諸言草稿』『医学授幼鈔』がある。その学派は後世別派あるいは素霊派と称され,門派からは味岡三伯,浅井周伯,井原道閲,小野朔庵,岡本一抱,堀杏庵らの優秀な学医が輩出,江戸中期の医学の担い手となった。

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

饗庭東庵の関連キーワード本阿弥光悦元和人形浄瑠璃ヴィルマンカロン道具屋節野呂松遣い延宝三藩の乱生白庵行風

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone