コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後世方 コウセイホウ

大辞林 第三版の解説

こうせいほう【後世方】

ごせいほう【後世方】

〔「ごせほう」とも〕
江戸時代初頭に、田代三喜・曲直瀬まなせ道三らによって形成された漢方医学説。金・元代の体系的な医学説の流れを受け継いでいる。 ↔ 古医方

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後世方の関連キーワード永富独嘯庵自然真営道安藤昌益漢方医学山脇東門香月牛山後世方家雑方家漢方薬折衷派古医方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後世方の関連情報