首丁頭巾(読み)シュチョウズキン

大辞林 第三版の解説

しゅちょうずきん【首丁頭巾】

僧や法師武者が出陣の時にかぶった頭巾の一種。黒布または紺布で作り、頭部をとがった形にしてあったらしい。出張頭巾。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android