コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首巻(き)/頸巻(き) クビマキ

デジタル大辞泉の解説

くび‐まき【首巻(き)/×頸巻(き)】

マフラー。 冬》

しゅ‐かん〔‐クワン〕【首巻】

全集など数巻からなる書物の、最初の巻。初巻。第1巻。⇔終巻
書物巻物の初めの部分。巻頭巻首

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅかん【首巻】

数巻に分かれている書物の第一巻。
書物または巻物の初めの部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の首巻(き)/頸巻(き)の言及

【襟巻】より

…寒さを防ぐためや装飾として首,肩の回りに巻くものの総称。首巻ともいうが,いわゆる肩掛けとの区別も定かでなく,一般には同義に用いられる。西欧で15世紀に,女性が顔の下部を覆った四角の白布をマフラーと呼んだ。…

※「首巻(き)/頸巻(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android