首題(読み)シュダイ

大辞林 第三版の解説

しゅだい【首題】

手紙や通達書などのはじめに書いてあること。最初の題目。
経典のはじめに書かれた文句。 〔同音語の「主題」は中心となる問題・思想・題材のことであるが、それに対して「首題」は手紙などで最初に書いてある題目のことをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報