コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四十九日 しじゅうくにち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四十九日
しじゅうくにち

仏教用語。生き物の死の瞬間から次の世に生を受けるまでの期間 (中有,中陰) は 49日であるといわれ,人の死後その冥福を祈って7日目ごとに追善供養し,49日目にその供養を終了する。 (→三十五日 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しじゅうく‐にち〔シジフク‐〕【四十九日】

人の死後、49日間。今生(こんじょう)の死と来世の生との中間の期間。中陰。
人の死後、49日目。また、その日に行う法要七七日(なななぬか・しちしちにち)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

葬儀辞典の解説

四十九日

仏教では人の死後、四十九日間魂が迷っているとされています。そのため死後、七日ごとに法要を行い、四十九日目は中陰の満ちる日であり、死者追善の最大の法要を営みます。お墓がある場合は、四十九日までに埋葬します。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しじゅうくにち【四十九日】

人の死後49日目の日。中陰の終わる日。僧を招き法事を行う。なななぬか。七七しちしち日。
人の死後49日の期間。この間、死者はこの世と来世との中間をさまようという。中陰。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四十九日
しじゅうくにち

(1)人の死後49日間のこと。仏教ではこの期間を中陰(ちゅういん)または中有(ちゅうう)という。
(2)人が死んでから49日目にあたる日。七七日(しちしちにち)、尽七日(じんしちにち)、満中陰(まんちゅういん)、大練忌(だいれんき)、脱光忌(だっこうき)、休新忌(きゅうしんき)ともいう。[佐々木章格]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の四十九日の言及

【中陰】より

…死後49日の間をいい,この間に死者は死の国へ行くという。四十九日ともいう。この期間,7日ごとに墓参りをし塔婆を建てる風がある。…

※「四十九日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四十九日の関連キーワード四十九餅・四十九餠江都督納言願文集納骨/埋葬タナダユキ正倉院宝物果ての業形見分け青山智美七日七日満中陰志香典返し果ての事檀那坊主四十九餅七巡り初七日忌明け満中陰御仏前御霊前

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四十九日の関連情報