コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香取繁右衛門 かんどり しげえもん

2件 の用語解説(香取繁右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香取繁右衛門 かんどり-しげえもん

1823-1889 幕末-明治時代の宗教家。
文政6年6月2日生まれ。金神(こんじん)を信仰。安政4年(1857)病気を契機に神がかりとなり,金神のお告げをきく。明治7年金光院(現香取金光教)をひらいた。兄の川手文治郎も信者となり,のち兄が金光教をひらくきっかけをつくった。明治22年7月22日死去。67歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

香取繁右衛門

没年:明治22.7.22(1889)
生年:文政6.6.2(1823.7.9)
金光教の教祖川手文治郎の実弟。香取金光教の教祖。備中国浅口郡占見村(岡山県金光町)の農民香取十平の3男として生まれる。流行神化していた金神信仰を祈祷していた堅盤谷の小野はる(うた)と出会い入信,安政4(1857)年には自身の病気を契機として金神の神がかり状態になり開悟。方位,日柄の祟り神としての金神の神性を保持しつつも,農民生活の全般にかかわる金神の言葉を語るようになった。この直後に実兄川手も入信,のちに川手が金光教を開く直接的契機を与えた。香取金光教は現在も信仰を伝えているが,金光教と直接的関係はない。<参考文献>須田美照『香取金光教由来記』,真鍋司郎「民衆救済の論理」(『金光教学』13号)

(桂島宣弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香取繁右衛門の関連キーワード北小路光教川手文治郎金光金光教金光明経出口ナオ金光大神金光摂胤白神新一郎(初代)高橋富枝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone