コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香山彬子 かやま あきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香山彬子 かやま-あきこ

1924-1999 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正13年7月15日生まれ。病気のため医師の道を断念する。「金色のライオン」,「シマフクロウの森」(昭和41年講談社児童文学新人賞,42年産経児童出版文化賞)で作家として出発。動物と人とのかかわりを詩情ゆたかにえがく作品がおおく,ほかに「ふかふかウサギ」シリーズなど。平成11年10月2日死去。75歳。東京出身。東京女子医大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

香山彬子の関連キーワードとうすけさん笛をふいて!シマフクロウライオン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android