香月恕経(読み)かつき ゆきつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香月恕経 かつき-ゆきつね

1842-1894 明治時代の政治家。
天保(てんぽう)13年6月14日生まれ。明治6年福岡の農民蜂起(ほうき)にくわわる。12年政治結社集志社を設立。翌年国会期成同盟幹事に当選し,自由民権運動に活躍。のち甘木中学校長,「福陵新報」の主幹などをつとめた。23年衆議院議員(当選2回,国民協会)。明治27年5月18日死去。53歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。字(あざな)は子貫。号は晦処,晦洞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android