コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民協会 こくみんきょうかい

7件 の用語解説(国民協会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民協会
こくみんきょうかい

日本の政党。 1892年6月 22日,西郷従道を会頭,品川弥二郎を副会頭とする山県有朋系の保守主義者によって結成された国家主義政党。日清戦争を前に軍備強化,製鉄所の建設など,戦備の充実を綱領とし,いわゆる「対外硬派」の主勢力であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

国民協会
こくみんきょうかい

1961年7月に設立された自由民主党政治資金調達機関。戦後の相次ぐ疑獄事件ののち,55年「自由主義経済を守るため保守政党クリーンな政治資金を」との当時の植村経団連副会長の提案で設立された経済再建懇談会を廃止し,広く国民各層から政治資金を集める趣旨で発足したが,結局各業界代表団体に割当て集金する機関となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐きょうかい〔‐ケフクワイ〕【国民協会】

明治25年(1892)西郷従道(さいごうつぐみち)を会頭に結成された政党。藩閥政治擁護を任とした。同32年解散し、帝国党として再出発。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国民協会【こくみんきょうかい】

(1)明治時代政治団体。第2回総選挙で品川弥二郎内相の選挙干渉で当選した曾禰荒助佐々友房ら政府系衆議院議員70余名が1892年に創立。その後会長に西郷従道,副会長に内相を辞した品川弥二郎を戴き,藩閥政府擁護を旗印とした。
→関連項目東洋自由党元田肇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくみんきょうかい【国民協会】

(1)1892年,第1次松方正義内閣の下で行われた第2回総選挙で,品川弥二郎内相の選挙干渉に助けられて当選した政府系議員が,内相を辞任した品川を中心に同年6月に結成した保守的政党。軍備の拡充,実業の振興,国権の拡張をかかげる典型的な〈吏党〉であったが,条約改正問題で第2次伊藤博文内閣と対立して与党的地位を失った。日清戦争後藩閥政府自由党や進歩党などの〈民党〉との提携を試みると,藩閥勢力の中でももっとも保守的な山県有朋との結びつきを強めたが,党勢は衰退の一途をたどり,99年7月に解党し,帝国党を結成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくみんきょうかい【国民協会】

1892年(明治25)官僚出身の代議士を中心として組織された団体。政府擁護の立場をとり、1899年帝国党となる。
1933年(昭和8)、日本主義を主唱する赤松克麿らにより結成された文化運動の団体。37年に日本革新党となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国民協会
こくみんきょうかい

(1)明治時代中期の国家主義政党。1892年(明治25)2月の松方正義(まつかたまさよし)内閣の下での第2回総選挙で、政府が積極的に支援して当選させた代議士らよりなる中央交渉部が母胎となり、同年6月22日結成された。西郷従道(さいごうつぐみち)を会頭、前内相品川弥二郎(やじろう)を副会頭とし、佐々友房(さっさともふさ)、大岡育造(いくぞう)らが幹部となり、軍備充実、国権拡張、実業振興などを綱領に掲げ、藩閥政府の与党として民党に対立した。ところが、続く第二次伊藤博文(ひろぶみ)内閣が自由党に接近すると野党色を強め、政府が推進しようとする条約改正交渉に反対する対外硬六派の中心勢力として政府を攻撃した。日清(にっしん)戦争後、歴代藩閥政府が公然と自由党、進歩党などと提携するに至って藩閥政府系の政党としての存在意義を失い、山県有朋(やまがたありとも)系官僚派の政党としての色彩を強めた。創立当初70名を擁した議員は選挙ごとに減少、98年8月には21名となり、99年品川の枢密院入りで支柱を失い、同年7月4日解散し、翌日帝国党に改組した。
(2)昭和時代の国家主義団体。1933年(昭和8)日本国家社会党から分裂した赤松克麿(かつまろ)と大日本生産党を除名された津久井竜雄(たつお)に、倉田百三(ひゃくぞう)が加わって、8月、日本精神の国民的浸透を推進する文化団体を標榜(ひょうぼう)して結成した。『国民運動』を機関誌とし、青年日本同盟をその行動隊として、天皇機関説攻撃や選挙粛正運動などを展開したが、その勢力は弱かった。37年7月日中戦争の勃発(ぼっぱつ)を機に国家主義団体結集の動きが急進展して、新日本国民同盟などと合同して同月18日日本革新党を結成した。
(3)自由民主党への政治献金のための機関。1961年(昭和36)7月、岩田宙造(ちゅうぞう)を会長に財団法人として発足。財界を中心に政治献金を受けて選挙活動を中心に党活動の財源としてきたが、74年の参院選挙で金権選挙の批判を受け、続く石油ショックによる景気後退などによって再編成を迫られ、75年1月国民政治協会に改組された。[宇野俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国民協会の言及

【津久井竜雄】より

…高畠素之に師事し,1929年建国会を脱退してからは,国家社会主義の立場から大衆的な右翼の単一政党の結成をめざし,急進愛国党や急進愛国労働者総連盟を設立,また31年の全日本愛国者共同闘争協議会の結成にも努力した。33年赤松克麿と国民協会を結成して以後,しだいに日本主義に移行し,議会進出も企てて,37年赤松と日本革新党を設立した。戦後公職追放。…

※「国民協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国民協会の関連キーワード清浦奎吾高島鞆之助進歩党松方松方正雄松方正義内閣木村俊夫倉石忠雄野村靖福永健司

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国民協会の関連情報