馬代(読み)ばだい

精選版 日本国語大辞典「馬代」の解説

ば‐だい【馬代】

〘名〙
① 平安時代以来、馬を寄贈するかわりに贈った代物や金銀。黄金一片を大馬代、南鐐(銀)一片を小馬代という。江戸時代には祿高が増えたとき礼として、三千石以上の者は金馬代、三千石以下の者は銀馬代を贈る制度があった。馬代銀。馬銭(ばせん)。うましろ。〔北山抄(1012‐21頃)〕
② 馬の借り賃。馬の代金。
※浮世草子・好色旅日記(1687)二「馬(バ)代のいか程とかぎらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android