馬場不知姣斎(読み)ばば ふちこうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬場不知姣斎 ばば-ふちこうさい

1829-1902 幕末-明治時代の儒者。
文政12年7月生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩士。昌谷(さかや)精渓,佐藤一斎に師事。越後流兵学や蘭学もまなび,安政5年帰藩。藩校督学となる。元治(げんじ)元年(1864)失明,仕官をやめ詩作に専念した。明治35年1月11日死去。74歳。名は。字(あざな)は致遠。別号に空斎。著作に「東遊小稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android