馬場正督(読み)ばば せいとく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬場正督 ばば-せいとく

1777-1843 江戸時代後期の和算家。
安永6年9月生まれ。江戸の人。本多利明,安島直円(あじま-なおのぶ)にまなぶ。幕臣で,日光奉行支配組頭をつとめ,また地方の検地,祖廟(そびょう)の修築なども担当した。天保(てんぽう)14年閏(うるう)9月13日死去。67歳。字(あざな)は董卿。通称は金之丞。号は貢湖。編著に「側円傍小円術」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android