コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場重久 ばば しげひさ

2件 の用語解説(馬場重久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬場重久 ばば-しげひさ

1663-1735 江戸時代前期-中期の養蚕家,医師。
寛文3年生まれ。上野(こうずけ)北下村(群馬県吉岡村)の人。医業のかたわら養蚕技術の改良につとめ,正徳(しょうとく)2年養蚕技術書「蚕養育手鑑(てかがみ)」を江戸で出版。また馬場鍬(くわ)とよばれる手鍬を発明した。享保(きょうほう)20年1月16日死去。73歳。通称は三太夫

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

馬場重久

没年:享保20(1735)
生年:寛文3(1663)
江戸中期の医師,養蚕家。上野国群馬郡北下村(群馬県吉岡村)に生まれる。通称三太夫。医業のかたわら養蚕と農事改良に力を尽くした。正徳2(1712)年,蚕飼育の理論と実践をふまえて,炭火による保温を採りいれた飼育法を説いた養蚕指導書『蚕養育手鑑』(1712)を江戸で出版。この飼育法は以後江戸時代を通じて全国各地に普及した。なお,馬場鍬と呼ばれた米作用の手鍬も発明した。<参考文献>『群馬県蚕糸業沿革調査書』

(井上定幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の馬場重久の言及

【上野国】より

…越後柏崎で一揆を起こした生田万は館林藩士の出である。このほか養蚕指導書《蚕養育手鑑》(1712)を著した馬場重久や渋川の吉田芝渓など農学の先達があり,関孝和が出たので和算も盛んであった。蘭医学では種痘の村上随憲,帝王切開を創始した伊古田純道,脱獄した高野長英をかくまった福田宗禎らをあげることができる。…

※「馬場重久」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

馬場重久の関連キーワード紀海音霊元天皇程順則馬場重久雍正帝古月軒ケイズル河原崎座雍正帝市川団十郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone