コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場金埒 ババキンラチ

デジタル大辞泉の解説

ばば‐きんらち【馬場金埒】

[1751~1807]江戸後期の狂歌師。銭屋(ぜにや)金埒とも。通称、大坂屋甚兵衛。江戸数寄屋橋の両替屋。天明狂歌四天王の一人。著「金埒狂歌集」「仙台百首」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ばばきんらち【馬場金埒】

1751‐1807(宝暦1‐文化4)
江戸後期の狂歌師。通称は大坂屋甚兵衛。別号は物事明輔(ものごとあきすけ),銭屋(ぜにや)金埒,滄洲楼。江戸数寄屋橋外数寄屋町2丁目の両替商。天明狂歌四天王の一人。はじめ元木網(もとのもくあみ)の落栗連(おちぐりれん)に属し,のち鹿都部真顔(しかつべのまがお)とスキヤ連を結ぶ。編著《仙台百首》《金撰狂歌集》など。〈雪ならばいくら酒手をねだられん花の吹雪の志賀の山駕籠〉(《万代狂歌集》)。【森川 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の馬場金埒の言及

【狂歌】より

唐衣橘洲(からごろもきつしゆう),四方赤良(よものあから),朱楽菅江(あけらかんこう),元木網(もとのもくあみ),平秩東作(へずつとうさく),智恵内子(ちえのないし)らはその錚々たる者で,豊かな趣味教養と軽妙洒脱な機知とを併せもつ人々である。これに次ぐ江戸狂歌の第二世代として宿屋飯盛,鹿都部真顔(しかつべのまがお),頭光(つぶりひかる),馬場金埒の狂歌四天王があり,なかでも天明調の純正狂歌を主張する飯盛と,優美高尚な狂歌を主張して〈俳諧歌〉と称した真顔は,文政(1818‐30)に至るまで長くライバルとして活躍した。文政以後は芍薬亭長根,文々舎蟹子丸らが活躍した。…

※「馬場金埒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬場金埒の関連キーワードボルテール宝暦怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)フランクリン(Benjamin Franklin)ディドロスティロライトデービー(Sir Humphry Davy)瀬川菊之丞一条兼香大島蓼太