馬屋原重帯(読み)まやはら しげよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬屋原重帯 まやはら-しげよ

1762-1836 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦12年生まれ。家塾をひらき児童に教授。備後(びんご)(広島県)の史跡,景勝,城墟,天然記念物,人物を記録し,「西備名区」をあらわした。天保(てんぽう)7年7月13日死去。75歳。備後出身。通称は呂平,次右衛門。号は不争亭野鴎,武倍堂,坰堂(けいどう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android