コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬島僴 まじま ゆたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬島僴 まじま-ゆたか

1893-1969 大正-昭和時代の医師,社会運動家。
明治26年1月3日生まれ。賀川豊彦(かがわ-とよひこ)に共鳴して,神戸で医療救済活動にあたる。大正9年欧米に留学して産児調節をまなぶ。昭和3年東京に労働者診療所を開設,翌年東京市議。戦後も産児調節運動を推進した。馬島ペッサリーの考案者。32年日ソ協会理事長。昭和44年10月5日死去。76歳。愛知県出身。愛知県立医専卒。旧姓は浜田。通称は僴(かん)。

馬島僴 まじま-かん

まじま-ゆたか

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の馬島僴の言及

【産児制限】より


[日本における産児制限運動]
 20世紀初頭に新マルサス主義が日本に紹介されたが産児制限運動にはつながらなかった。1918,19年ころ安部磯雄山本宣治その他の進歩的社会運動家が日本文化進展のため産児制限の必要を説き,また当時神戸の貧民街で救療に従事していた馬島僴(かん)(1893‐1969)は医療救済の観点からこの運動を始めた。アメリカ留学中にサンガーを知った石本(のちの加藤)シヅエも帰国,紹介した。…

※「馬島僴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬島僴の関連キーワード太田慶太郎泉盈之進昭和時代馬島 僴

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android