コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬氏文通 ばしぶんつうMa-shi wen-tong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬氏文通
ばしぶんつう
Ma-shi wen-tong

中国,清末の洋務派官僚馬建忠によってつくられた文法書。 10巻。光緒 24 (1898) 年刊。馬建忠がフランスで学んだラテン文法を基礎に,中国語文語文の研究をしたもので,中国人自身の手に成る最初の代表的文法書。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ばしぶんつう【馬氏文通】

中国、清代の文法書。馬建忠著。光緒24年(1898)成立。西洋の文法にならって中国語の文法を体系的に説いたもの。近代の中国語文法学の先駆となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばしぶんつう【馬氏文通】

中国、清代の文法書。一〇巻。馬建忠著。1898年完成。中国人として初めて西洋語文法を中国語法に応用した文法書。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android