馬建忠(読み)ばけんちゅう(英語表記)Ma Jian-zhong; Ma Chien-chung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬建忠
ばけんちゅう
Ma Jian-zhong; Ma Chien-chung

[生]道光25(1845)
[没]光緒25(1899)
中国,清末の洋務派の官僚。江蘇省鎮江 (丹徒) の人。字は眉叔。幼時太平天国軍を避けて上海に移り,西洋の言語,学問を学ぶ。光緒1 (1875) 年李鴻章によりフランスに派遣され,国際法を学んで帰国すると李の幕友となり,外交を担当した。同7年インドで対英交渉,翌年朝鮮でアメリカ,イギリス,ドイツとの修好条約の仲介にあたり,壬午 (じんご) の変 (→京城事変 ) にも介入し,のちベトナムをめぐる対仏交渉に参加した。洋務論から変法論 (→変法自彊運動 ) への過渡的思想家としての役割を果すとともに,中国語の文法書『馬氏文通』 (10巻,98) を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ば‐けんちゅう【馬建忠】

[1844~1900]中国、末の学者・官僚。丹徒(江蘇省)の人。字(あざな)は眉叔。フランスに遊学し、ヨーロッパの学問方法を取り入れた多くの研究を残した。李鴻章(りこうしょう)幕僚として外交面で活躍。著「馬氏文通」ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばけんちゅう【馬建忠】

1844~1900) 中国、清代の政治家。字あざなは眉叔。フランスに留学。帰国後、李鴻章りこうしようの幕僚となり、外交問題に敏腕を振るい、洋務派の理論家として知られた。著「適可斎記言」「馬氏文通」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の馬建忠の言及

【洋務運動】より

…また,外国留学については,容閎(ようこう)の建策により72年から14年間にわたり,合計120名の学生が送られた。77年には福建船政学堂からヨーロッパへ留学生が派遣され,馬建忠(1845‐1900。随行員,鉄道建設を主張),厳復などが参加している。…

※「馬建忠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android