コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬鞍山 ばあんざん Mǎ ān shān

2件 の用語解説(馬鞍山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばあんざん【馬鞍山 Mǎ ān shān】

中国,安徽省東部,江蘇省との省界に接し,長江(揚子江)右岸に位置する省直轄市。人口48万(1994)。ここはもともと当涂県に属する地であったが,長江沿岸の馬鞍山に産する鉄鉱石をもとに発達した工業地区を1956年独立させて市としたもの。南京,蕪湖と鉄道で通じ,鉄鋼を中心とした工業都市となっている。市の南西,翠螺山が長江に没する地点は急崖をなし,古くから長江を扼(やく)する要衝の一つであった。かつて金牛が渚岸より出現したため牛渚磯,また五彩の石を産するところから采石磯と呼ばれ,南京の燕子磯,湖南岳陽の城陵磯と並んで長江三磯と称される名勝である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬鞍山
ばあんさん / マーアンシャン

中国、安徽(あんき)省東端、江蘇(こうそ)省境の揚子江(ようすこう)東岸にある市。当塗(とうと)県を管轄する。人口119万0146、市轄区人口51万9841(2000)。1957年、当塗県の馬鞍山鉱区とその付近の地区を分離して市を設けた。付近は鉱産資源に富み、とくに鉄鉱石が豊富に埋蔵される。解放後、重点的に開発が進められ、大規模な露天掘りで採掘されている。58年以降、製鉄所が建設され中型鉄鋼コンビナートに発展した。機械、化学、セメントなどの工業も発達している。名勝古跡に採石磯(さいせきき)、太白楼(たいはくろう)などがある。[林 和生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬鞍山の関連キーワード査士標安徽省安徽派江蘇省白帝城安徽烏江江蘇揚州徐樹錚

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬鞍山の関連情報