コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬頭盤 ばとうばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬頭盤
ばとうばん

古代に天皇の正式な食膳 (台盤) に備えた,箸や匙 (主として薬を盛るときに用いた) を置く台。上から見ると馬の頭のような形をしているところから生れた呼称。4脚の台で長さ 25~36cm,幅 14~25cm,脚高約 5cm。京都御所作例が伝わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の馬頭盤の言及

【箸】より

…弥生時代の遺跡からピンセット状のはしが出土しており,日本のはしの原型を竹製のピンセット状のものとする説もあるが,2本棒のものが構造的にも単純であり,疑問がある。平安時代,宮廷の儀式や饗宴では馬頭盤(ばとうばん)と呼ぶ脚つきの皿にはしとさじをのせ,あるいははし台にはしを置いたが,さじの使用はしだいにすたれた。はしは銀,白銅,竹などのものが多く,馬頭盤やはし台は金銀,朱漆,土器などが用いられた。…

※「馬頭盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

馬頭盤の関連キーワード古代