コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台盤 だいばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

台盤
だいばん

平安時代の宮廷,貴族の飲食調度の一つで,節会,大饗などに用いた。「だいはん,ばんだい」ともいう。食物を盛った盤 (皿) を載せる木製の机状の。長さが約 240cmの大台盤 (長台盤,2人以上用) ,約 120cmの小台盤 (切台盤,1人用) などがあり,ともに幅は約 1m,高さは約 45cmぐらい。朱・黒漆塗で,上面は幅広い縁がつき中が低い。台盤を置く場所を台盤所といい,のち略して台所と称した。京都御所,清涼殿の台盤所に実例が伝存する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だい‐ばん【台盤】

《「だいはん」とも》公家の調度の一。食器や食物をのせる台。4脚・横長の机状で、朱または黒の漆塗り。上面は縁が高く、中が低い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

台盤【だいばん】

平安時代に貴族の用いた食卓の一種。食物を盛った盤(さら)をのせる台のことで,ふつう四脚を備えた机形。朱塗黒塗,蒔絵(まきえ)などを施し,1人用の小台盤(切台盤),2人以上用の大台盤(長台盤)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

だいばん【台盤】

〔「だいはん」とも〕
食物を盛った皿を載せる台。長方形の机の形をした四脚の台で、高めの縁がついている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台盤
だいばん

「だいはん」と濁らず読む説や、盤台と書く古書もある。食物を盛る皿(盤)をのせる台というが、座卓形式の食卓。形状は四脚付きで、甲板の四周の縁を幅広く巡らし、内部は一段と低く平面になっている。この縁と内部とに食器をのせる。木造で朱漆、黒漆で塗装され、蒔絵(まきえ)、螺鈿(らでん)で加飾されている場合もある。大きさによって分類され、8尺(1尺は約30センチメートル)の長(なが)台盤は2人用、4尺の切(きり)台盤は1人用、また6尺の弘(ひろ)台盤、小形の小台盤があり、高さ1尺5寸5分、一定ではないが幅は2尺5寸以上である。いずれも必要に応じて連結して用いる。平安時代に内裏の清涼殿や殿上の間につねに備えられ、とくに清涼殿内にある女房の詰所を台盤所といって、台盤と食事を用意するところから、今日の台所の起源となる。また、台盤は平安貴族の食事用具であって、庶民生活に取り入れることなく今日に至った。ただ、神社の祭具として現在も用いている場合がある。[郷家忠臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の台盤の言及

【膳】より

…机は坏(つき)をおく〈坏居(つきすえ)〉の意,〈おしき〉は天子などの〈食(おしもの)〉をのせる机の意とされる。ついで台盤や折敷(おしき)が記録に現れるようになる。台盤は台つきの盤で《延喜式》にも盤面を方形,長方形,円形にかたどり,しかも大・小さまざまのものが見いだされる。…

※「台盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

台盤の関連キーワード切り台盤・切台盤簾中入り立ち馬形の障子御台盤所女房の簡入り立ち殿上淵酔朝餉の間殿上の間鳥居障子女房の侍馬頭盤女房侍それに作物所長方形草とん塵ばむ昼御座鬼間

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android