駕籠に乗る人担ぐ人そのまた草鞋を作る人(読み)カゴニノルヒトカツグヒトソノマタワラジヲツクルヒト

デジタル大辞泉の解説

駕籠(かご)に乗る人担(かつ)ぐ人そのまた草鞋(わらじ)を作る人

世の中には階級職業がさまざまあって、同じ人間でありながらその境遇に差のあることのたとえ。また、そのさまざまの人が、うまく社会を構成していることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android