コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

験競べ ゲンクラベ

デジタル大辞泉の解説

げん‐くらべ【験競べ】

僧・修験者が左右に分かれて、修行して得た法力をきそい合うこと。
「七月十五日安居(あんご)の終はる夜―を行ひけるに」〈著聞集・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げんくらべ【験競べ】

修験者どうしが相手を決めて互いに法術を尽くし,身についた験力の優劣を競うもの。修験者は山岳に入って苦行を重ね,験力を体得するものと考えられたので,いつでも効験を競うことができたが,とくに入峰(にゆうぶ)修行の後にその力を試す験競べが恒例行事として行われた。比叡山,大峰山,熊野山,羽黒山彦山などのそれが古来有名で,これらは3人ずつあるいは10人ずつと,左右に分かれて,順番に験を競い,全体の勝敗数をもって左右両組の勝負を決めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

験競べの関連キーワード当山年中行事条々

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android