コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護法 ごほう Dharmapāla

9件 の用語解説(護法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

護法
ごほう
Dharmapāla

[生]530
[没]561
インド,唯識学派の学匠。南インドのドラビダ国の大臣の子に生れ,王の娘と結婚する夕方,逃れて出家したと伝えられる。仏教のみならず広くインド一般の学問にも通じ,ナーランダ寺において大乗唯識学を説いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ご‐ほう【護法】

(‐ハフ) 法律を尊重すること。「護法の精神を説く」
(‐ホフ) 仏語。
㋐仏の教えを守ること。仏法を守護すること。
㋑妖怪・変化などを追い払う力。法力。
㋒「護法善神」の略。
㋓「護法天童」の略。

ごほう【護法】[人名]

《〈梵〉Dharmapāla》6世紀中ごろの南インドの僧。仏教を広めて多くの門下を教育。唯識(ゆいしき)十大論師(ろんじ)の一人。著「成(じょう)唯識論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

護法【ごほう】

インドの大乗仏教の学僧。サンスクリット名はダルマパーラ。唯識(ゆいしき)十大論師の一人。ナーランダー寺で多くの門下を教育したという。主著《成(じょう)唯識論》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごほう【護法】

広義では,仏法に帰依して三宝を守護する神霊・鬼神の類を意味するが,狭義では,密教の奥義をきわめた高僧や修験道の行者・山伏たちの使役する神霊・鬼神を意味する。童子形で語られることが多いため護法童子と呼ぶことが広く定着している。しかし,鬼や動物の姿で示されることもある。役行者(えんのぎようじや)が使役したという前鬼(ぜんき)・後鬼(ごき)は鬼の類であり,羽黒山の護法は,烏飛びの神事に示されるようにカラスである。

ごほう【護法】

530‐561
インドの大乗仏教の学僧。瑜伽行唯識派(ゆがぎようゆいしきは)の所属で十大論師の一人。サンスクリット名はダルマパーラDharmapāla。南インドのドラビダ国に大臣の子として生まれたが,王の娘との結婚式の夕べに出家した。〈唯識思想〉を究めて,ナーランダー寺に入り,ここで戒賢(シーラバドラŚīlabhadra)や最勝子など多くの弟子を育成した。また,従来の諸学説を検討,集大成して新しい唯識説を提唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごほう【護法】

〘仏〙
仏法を守護すること。
仏法を守護する鬼神。護法神。護法天童・護法善神など。

ごほう【護法】

Dharmapāla〕 六世紀中頃の南インドの僧。唯識十大論師の一人。外道を論破して有名となり、のち那爛陀ならんだ寺で多くの門弟を育てた。三二歳で没。のちに法相宗の祖とされる。著「成唯識論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

護法
ごほう
(530―561)

インド大乗仏教瑜伽行(ゆがぎょう)派(唯識(ゆいしき)学派)の学匠。サンスクリット名はダルマパーラDharmapla。無著(むじゃく)、世親(せしん)以後この学派を発展させた諸学匠のなかの一人で、ほぼ同時代に安慧(あんね)がおり、彼と相対峙(たいじ)する学説を唱えた。最近の研究においては、瑜伽行派に有相(うそう)唯識説と無相(むそう)唯識説との2系統があり、護法は前者を、安慧は後者を代表する学匠であるとみられている。またこの学派の根本教義書である世親の『唯識三十頌(じゅ)』に対し注釈を著した10人の学匠、すなわち十大論師のなかの一人に数えられる。若くしてナーランダー寺の学頭となる。弟子に戒賢(かいけん)、最勝子(さいしょうし)らがあり、戒賢に師事した玄奘(げんじょう)によってその学説が中国に伝えられて法相(ほっそう)宗となった。著書は『唯識三十頌』の注釈である『成唯識論(じょうゆいしきろん)』(玄奘訳)が代表的であり、そのほかに『大乗広百論釈論(だいじょうこうひゃくろんしゃくろん)』(玄奘訳)、『成唯識宝生論(ほうしょうろん)』(義浄(ぎじょう)訳)、『観所縁論釈(かんしょえんろんしゃく)』(義浄訳)などが現存するが、いずれも漢訳のみに伝えられ、サンスクリット原典、チベット訳は現存しない。[勝呂信静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の護法の言及

【天狗】より

…この宗教の世界では天狗の原質は山神山霊と怨霊である。したがって善天狗は修験道の寺院や霊場や修行者を守る護法善神で,〈南無満山護法善神〉といって礼拝される。護法童子(護法),金剛童子としてまつられるのはその山の山神(山の神)たる天狗である。…

【飛鉢譚】より

…いずれも古代から中世への過渡期に山岳寺院の縁起として形成された話だが,そこには長者や海上交通(米)と霊山(聖)の交渉を通して,王権と山岳寺院(修験道)との関係が物語られており,飛鉢(空鉢(くばつ))とは両者の媒介を象徴するものであった。また,空鉢は聖(ひじり)に奉仕する護法童子の大事な役目であり,命蓮にも剣(つるぎ)護法とともに空鉢護法の存在が語られ(《聖誉鈔》),頭上に鉢をいただく竜神の姿として描かれる。護法は,霊山における古層の神が新米の聖の使霊と化したのでもあり,陰陽道の識神とも重なり,飛鉢譚が仏教の枠を超えた独自な宗教世界の話であることを具体的にあらわす存在といえよう。…

【二上山】より

…山頂近くに泰澄が開いたと伝えられる両山寺(りようざんじ)がある。二上山の信仰で特徴的なのは,護法善神をまつる護法社の存在と,両山寺で8月14日に執行される護法祭である。護法は仏法の守護神であるが,修験道では修験者のよく使う使役神でもある。…

※「護法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

護法の関連キーワード四天王信士善男善女帰依僧帰依仏帰依法三宝荒神善男善女三面大黒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

護法の関連情報